ABテスト

なんだ、私のABテストスキルを習得しに来たのか?

それにしても今日はよく客人が来るな。

ABテストは今の報酬をさらに伸ばす可能性を秘めたスキルだ。ただ生半可な気持ちでは習得できないぞ。

まぁよかろう。貴公の眼からABテストを真っ向から取り組みたい気持ちが出ているようだ。私のABテストスキルを伝授しよう。

 

案件が売れてからがはじまり

商標アフィリエイトで月に○件売れた!と喜んでそのままにしていないだろうか?

それだとかなりの機会損失をしていることになる。

(図式)

検索順位をあげる=PV数をアップする
購買率を高める=CV数をアップする

 

貴公がオーランのABテストをマスターするとその売り上げをもっと上げる可能性があるのだ。

 

売り上げの計算式

売上 = アクセス数 × クリック率(CTR) × 商品の購買率 × 商品単価

売上 = 広告クリック数 × 商品の購買率 × 商品単価

例えば広告をクリックした人が100人いて商品の購買率が10%だった場合、購買数は10人となる。

商品の購買率はLPの品質、LPに行くまでの購買意欲によって変わってくる。

つまり売上を上げるためには、アクセス数をあげるだけではなく

・広告リンクがクリックされるまでに顧客の購買意欲を高め

・広告リンクを多く踏んでもらうこと

の2点が大切なのだ。

 

いかに広告リンクまでのパートが重要かお分かりになってもらえただろうか。

 

案件が売れて安心ではなく、
案件が売れ始めてからが勝負のはじまりなのだ。

 

ABテストの重要性

記事を積み上げてSEOを頑張るだけよりも、クリックされるまでの工程を見直して投資対効果を高めることが大切だ。

そのためには記事の見直し、さらには広告手前の見直しが重要となる。

広告手前のユーザー行動を繰り返し計測し改善するABテストこそ重要だと言えよう。

 

オーランのABテストのメリット

1. CTR(クリック率)が見える

例えば、このようなCTAがあった場合、画像・テキストリンク合計してどれくらいの割合でクリックされたか見えるようになる。

 

2. 複数ページのABテストを一括実施できる

通常はページAとページBを比べる というのが通常のABテストツールの機能だ。

オーランのABテストでは、好きなパート(見出しや文章、画像など)を選びウィジェットにショートコードを書くだけで、サイト全体やカテゴリーごとにABテストを行うことが可能となる。

特に特化サイトや特定のジャンルに設置したCTAを改善するということは重要で、1ページの改善よりも複数ページを一気に改善した方が断然効率がよい。

 

ではこのABテストの仕組みから説明していこう。

オーランのABテストの仕組み
「A」「B」のパーツを切り替える (解説イラスト) パターンA、Bを50%の割合で表示を切り替えA、Bどちらのパ...

 

ページURLが1つ

オーランのABテストは、実際に表示切り替えするページは1種類。つまり1つのURLでテスト実施しているため、ページ分岐にリダイレクトする必要もないしブログ内にテスト記事が2つインデックスされることもない。

 

 

同期間でABテスト実施ができる

記事アップをして経過した期間や、平日・土日の違いでも結果が変わってくるので同時期にテスト実施をするほうがいい。

 

このサイトの本来の目的

このサイトでは、アフィリエーター、ブロガーさんのためのABテストスキル取得の場となっている。

ただ本来の目的はnoteに書いたとおり、個人スキルを資産化してデジタルコンテンツとして販売する自社サービス作りにみなさんが興味を持ち、どう実現していくかを学習することだ。

コンテンツマーケティングを活用しつつ、このサイトがみなさんの自社サービス作りに貢献出来ることを祈りサイト作りを行なっていく。